情報処理学会 コンピュータと教育研究会研究発表会132回研究発表会

情報処理学会 コンピュータと教育研究会
132回研究発表会
(CLE研,IEICE ET研SITE研 と合同) §

日程
2015(平成27)年12月4日(金)〜6日(日)
会場
福井市地域交流プラザ AOSSA6階 601(ABC)研修室
〒910-0858 福井県福井市手寄1丁目4-1
共催
情報処理学会 CLE研究会
連催
電子情報通信学会 ET研究会SITE研究会
協賛
全国高等学校情報教育研究会
開催案内
TBA

発表申込 (発表申込〆切:2015年10月13日(火),投稿締切:2015年11月4日(水)) §

発表をご希望の方は,申込に関する詳細をご確認の上,投稿システムより発表申込を行ってください.

学生セッションでの発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に学生セッション希望と記入して下さい。

研究論文セッションでの発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に研究論文セッション希望と記入して下さい。

CE132は,4研究会合同の研究発表会となりますが,研究会ごとにまとめて発表をおこなう予定です。CE研のセッションで発表を希望される場合は,発表申し込みフォーム"研究会への連絡事項"欄にCE研セッション希望と記入して下さい。

会場案内 §

  • JR西日本 & えちぜん鉄道 福井駅東口徒歩1分(地図
  • 飛行機を利用される場合は、小松空港から空港連絡バスが便利です。
  • 東京方面からは以下の3経路があります。
    • 東海道新幹線にて米原で特急しらさぎに乗換え
    • 北陸新幹線にて金沢で特急サンダーバードに乗換え
    • 小松空港から空港連絡バスを利用
  • 大阪方面からは特急サンダーバード利用がおすすめです。
    • 次のような場合は,新幹線乗継割引で,大阪から乗り通すより安くなります
    • 50歳以上の方はおとなびWEB早特」だと4割引になります
      • 大阪から 3,610円
      • 京都から 2,960円
  • ホテルは西口のほうが多いですが、会場から徒歩圏にたくさんあります。

参加費 §

CE研究会登録会員無料
情報処理学会学生会員500円
情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く)1500円
非会員学生1000円
その他2500円
初等中等教育関係者(児童・生徒を含む)聴講無料
発表件数が20件以上の場合,参加費が増額する場合があります.
(参加費規定についてはこちら
  • 初等中等教育関係者(児童・生徒を含む)が資料(PDF)を購入を希望される場合は、情報処理学会会員相当の参加費を、当日受付にてお支払い下さい。

研究報告 §

当日ツイートまとめ §

プログラム §

12月4日 (金) §

11:00-11:05 オープニング
11:05-12:20 ETセッション
座長:鷹岡 亮(山口大学)
[1] ビデオ講義を対象とした学習者の動作と理解度の関係
渡邊栄治(甲南大)・尾関孝史(福山大)・小濱 剛(近畿大)
[2] 日本語文提示システム「よもーヨ」による児童の読み困難傾向の分類 〜 物語と説明文による読み困難の傾向 〜
村山慎二郎・青木恭太・原田浩司(宇都宮大)
[3] LODを用いた学習シナリオ自動生成とマイクロWebの構築
柿沼保宏・柏原昭博(電通大)
13:20-15:00 ET/SITEセッション (1)
座長:國宗永佳(信州大学)
[4] 両手手指同期運動の客観計測による協調運動調節機能の発達状況評価
青木恭太(宇都宮大)・福田宜男(足尾小)・原田浩司(宇都宮大)
[5] 視点提示と情報対比による多視点からのWeb調べ学習支援
小野 遼・柏原昭博(電通大)
[6] プログラミングにおけるコーディングスタイルの学習 〜 コード記述の特徴解析手法の提案 〜
星野裕樹・納富一宏・西村広光・示野浩士(神奈川工科大)
[7] センシティブ情報を回避する疑似データの作成器
城 真範(産総研)
15:10-16:50 SITEセッション
座長:多川孝央(九州大学)
[8] 大学におけるソーシャルネットワークキングサービス(SNS)利用ガイドラインの大学基盤教育への導入可能性の検討
高木秀明・大谷卓史・佐藤 匡(吉備国際大)・芳賀高洋(岐阜聖徳学園大)・豊福晋平(国際大)
[9] 大学における消費者教育カリキュラムとその技術者倫理教育の連携に関する現状調査
中西通雄(阪工大)・大谷卓史,越智 徹・杉山典正(阪工大)
[10] ソーシャルメディア利用実態調査 〜 中国人留学生と日本人学生の比較研究 〜
鈴木大助(北陸大)
[11] 音声認証システムへの画像優位性効果の適用
河合博之・納富一宏(神奈川工科大)・斎藤恵一(国際医療福祉大)

12月5日 (土) §

09:00-10:30 CEセッション (1)
座長:西田知博(大阪学院大学)
[12] 事例研究によるネットワーク技術の体系化とその教育展開 ‐第1報 コンセプトと実験システム‐
山崎悟史 (沼津高専)
[13] 自習に適したプログラミング教育用例題自動生成システム
若谷彰良 (甲南大学), 前田利之 (阪南大学)
[14] PBLにおける学習習熟度を考慮した自主学習システムの提案
花田洋貴, 大場みち子 (公立はこだて未来大学)
10:40-12:10 CLEセッション (1)
座長:渡辺博芳(帝京大学)
[15] 大学間連携におけるオンライン教材開発支援のための相互レビューシートの試作
根本淳子 (愛媛大学), 高橋暁子 (徳島大学), 竹岡篤永 (高知大学)
[16] 日本十進分類を用いたカリキュラム比較のための講義自動分類
増田勝也 (東京大学)
[17] コンテンツキュレーション活動が文章構成に及ぼす効果の確認
吉崎弘一 (大分大学), 堀田博史 (園田学園女子大学)
13:10-15:15 CE学生セッション
座長:伊藤一成(青山学院大学)
[18] 言語技術と論理思考を養成するグループ演習のゲーム課題〜図柄説明ゲームの高大連携での実践〜
辻健人, 花川直己, 富永浩之 (香川大学)
[19] 学習者の知識補完のためのオンライン講義コンテンツ連携フレームワーク
斎藤奨, 中野鐵兵, 小林哲則 (早稲田大学)
[20] 高大連携の導入講座としてのLEGOプログラミング演習の支援 ‐事後総括の口頭発表とアンケートの分析‐
中井智己, 辻健人, 花川直己, 富永浩之 (香川大学)
[21] レポート提出における文章セルフチェックシステムの開発
赤木信也, 納富一宏 (神奈川工科大学)
[22] [学生奨励賞] LeapMotion機器を用いたプレゼンテーション中のポインタ操作の支援ツールのLTでの利用
内山豊, 玄馬史也, 富永浩之 (香川大学)
15:25-17:05 ET/SITEセッション (2)
座長:村上 祐子(東北大学)
[23] 拡張性を有する学習支援システムにおける教材オブジェクトのためのデザインパターンの検討
仲林 清(千葉工大)・森本容介(放送大)
[24] 聴覚障害生徒を対象としたプログラミング教育の実践 〜 Bootstrapを活用したマルチデバイス対応のデジタルコンテンツ制作 〜
内野智仁(筑波大学附属聴覚特別支援学校)
[25] 複数の視点から事例を見る情報モラル指導用教材の提案
門口 礼・上田 浩・森 幹彦・喜多 一(京大)
[26] 教育におけるフィルタリング再考
芳賀高洋(岐阜聖徳学園大)・大谷卓史(吉備国際大)
17:15-18:45 CEセッション (2)
座長:中野由章(神戸市立科学技術高等学校)
[27] 論理的な文章作成力とプログラミング力との関係の分析
大場みち子, 伊藤恵 (公立はこだて未来大学), 下郡啓夫 (函館工業高等専門学校), 薦田憲久 (コーデソリューション株式会社)
[28] オンデマンド型ビデオ配信による単位互換科目への授業配信の事例
長瀧寛之 (岡山大学)
[29] 作文行動の測定と分析: 大学生と社会人の比較例
山口琢 (フリー), 大場みち子 (公立はこだて未来大学), 高橋慈子 (株式会社ハーティネス), 小林龍生 (有限会社スコレックス)

12月6日 (日) §

09:00-10:30 CLEセッション (2)
座長:根本淳子(愛媛大学)
[30] LMSにおける学習ログと学習スタイルとの関係性の検討
久保田真一郎 (宮崎大学)
[31] 微分方程式におけるオンライン試験の取り組みについて
亀田真澄 (山口東京理科大学), 宇田川暢 (山口県立大学)
[32] Mahara ルーブリックプラグインのコンピテンシー評価への対応
宮崎誠 (畿央大学)
10:40-11:40 CEセッション (3)
座長:大場みち子(公立はこだて未来大学)
[33] 事態把握の違いを利用した語学教材の提案
佐野洋 (東京外国語大学)
[34] プログラミング初学者を対象にした動画教材による反転授業の実践と評価
水谷晃三, 高井久美子 (帝京大学)
13:10-14:40 CLEセッション (3)
座長:椋木雅之(宮崎大学)
[35] 学認連携Moodleにおける受講者動向の分析に向けた小テスト成績と設問に関する一考察
姫野聡也, 上田浩, 喜多一, 森幹彦 (京都大学)
[36] 非同期遠隔型オンライン学習における個別化された学習ポータルサイトの構築に関する検討
高橋暁子 (徳島大学), 根本淳子 (愛媛大学), 竹岡篤永 (高知大学), 仲道雅輝 (愛媛大学)
[37] Open Apereo 2015 Conference 参加報告
藤井聡一朗, 常盤祐司 (法政大学), 出口大輔 (名古屋大学), 梶田将司 (京都大学)
14:50-15:50 CEセッション (4)
座長:隅谷孝洋(広島大学)
[38] アルゴリズムデザインと再帰
浅野考平 (関西学院大学)
[39] カリキュラムCS2013とCC2001の比較・考察
角田博保 (電気通信大学), 石畑清 (明治大学), 中谷多哉子 (放送大学)
15:50-16:00 クロージング

発表時間 §

一般発表セッション(30分)
発表
20分
質疑応答
10分
学生セッション(25分)
発表
15分
質疑応答
10分
研究論文セッション(35分)
発表
20分
助言者コメント紹介
5分
質疑応答
10分

懇親会 §

参加申込はこちらから


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-07 (月) 10:38:07 (621d)