SSS_Chara-mini.gif

情報処理学会 情報教育シンポジウム
Summer Symposium in Sakura 2017 §

お知らせ §

  • 2017/04/28: 論文募集要領(CFP)公開
  • 2016/10/17: 日程決定
  • 2016/08/24: 概要公開
  • 2016/08/23: ページ作成

スケジュール §

2017年4月28日(木)発表募集要領(CFP)公開
2017年5月01日(月)発表申込・投稿受付開始
査読用原稿の投稿受付開始
2017年5月15日(月)5月18日(木)発表申込受付締切
2017年5月22日(月)5月25日(木)査読用原稿の投稿受付締切
2017年6月19日(月)査読結果通知
2017年7月3日(月)最終原稿提出締切(必着)
2017年7月下旬プログラム公開
2017年8月17日(水)
    ↓
2017年8月19日(土)
SSS2017開催

論文投稿 §

論文募集要領(CFP)のページを御覧ください。

概要 §

日 時
2017年8月17日(木)14:30頃から 19日(土)昼ごろ
場 所
ウィシュトンホテル・ユーカリ
所在地:〒285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-8-1
電 話:043-489-6111
アクセス情報(成田空港から近いです。)
主 催
(社)情報処理学会 コンピュータと教育研究会(CE)
    同    教育学習支援情報システム研究会(CLE)
共 催(予定)
(社)情報処理学会 情報処理教育委員
    同    コンピュータ科学教育委員会(CS)
    同    情報システム教育委員会(IS)
    同    ソフトウェアエンジニアリング教育委員会(SE)
    同    コンピュータエンジニアリング教育委員会(CE)
    同    インフォメーションテクノロジ教育委員会(IT)
    同    一般情報教育委員会(GE)
    同    高専教育委員会(PE)
    同    初等中等教育委員会(PS)
    同    アクレディテーション委員会(AC)
    同    情報入試委員会(JN)
    同    教員免許更新講習委員会(TD)
後 援
文部科学省(予定)
千葉県教育委員会(予定)
全国高等学校情報教育研究会
協 賛
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会(予定)
日本情報科教育学会(予定)
日本教育工学会(予定)
教育システム情報学会 (予定)
協 力
放送大学(予定)

案内文書 §

準備中

交通案内 §

  1. アクセス情報
  2. 成田空港から30分
  3. 京成上野から60分
    • 京成本線特急から、勝田台で快速または普通に乗り換え
  4. 京成船橋から20分

プログラム §

以下、作成途中(2017年8月17日(木)14:30頃から 19日(土)昼ごろ)

8月17日(木) §

14:00-14:30 受付 §

14:30-14:40 開会挨拶 §

14:40-15:10 セッション1... §

エクスカーション §

  • 日時
    • 8月19日(土)14:00 頃から、成田空港方面を予定

Twitterハッシュタグ §

#ipsjsss

大会全般の照会先 §

sss−sec@googlegroups.com

スケジュール §

準備中

論文投稿 §

準備中

参加登録 §

準備中

費用 §

会員資格合計内訳(税込)
参加費宿泊費
情報処理学会・協賛学会の正会員
CE研究会・CLE研究会の準登録個人
初等中等教育機関の教員・指導主事等
29,000円12,830円16,170円
情報処理学会・協賛学会の学生会員
情報処理学会ジュニア会員で大学に入学した方
24,000円7,830円
情報処理学会のジュニア会員で大学に入学したことがない方16,170円0円
非会員一般34,000円17,830円
非会員学生29,000円12,830円

ご注意 §

  • 有職の学生(社会人院生等)は「学生」ではなく,「一般」になります。但し,情報処理学会の学生会員の場合は「学生」で結構です。
  • 宿泊は原則相部屋(2人部屋)です。
  • 一人部屋追加 別途 2,000円(2泊、税込み)今年は40室あります。(1泊のみ1人部屋というオプションはありません。)
  • 宿泊費には,1日目夜〜3日目朝の食事代も含みます。1日目,3日目の昼食は用意していません。
  • 先着100名で受付を早期終了する予定です。
  • 前泊・後泊をご希望の方は各自で手配してください。実行委員会では承りません。
  • 特別な事情のない限り,宿泊を伴わない参加はお受けできません。(K12の教員用の1日のみ参加枠設置を検討しています。)

大会趣旨 §

準備中

組織 §

大会委員長
辰己 丈夫(放送大学)
実行委員会
委員長
佐久間 拓也(文教大学)
副委員長
谷川 佳隆(千葉県立八千代東高等学校)
会計長
中鉢 直宏(帝京大学)
システム担当
奥村 晴彦(三重大学),長 慎也(明星大学)
プログラム委員会
委員長
重田 勝介(北海道大学)
副委員長
高木正則(岩手県立大学)
委員
安彦智史(仁愛大),大崎理乃(産業技術大学院大),兼宗進(大阪電気通信大),白井詩沙香(武庫川女子大),隅谷孝洋(広島大),長慎也(明星大),長瀧寛之(岡山大),平井佑樹(信州大),久保田真一郎(宮崎大学),松浦健二(徳島大学),渡辺博芳(帝京大),関谷貴之(東京大学),永井孝幸(京都工芸繊維大学),林雄介(広島大学),芳賀瑛(法政大学),佐藤究(岩手県立大学) (順不同)

歴代のSSS §

  1. SSS99(信州)
  2. SSS2000(信州)
  3. SSS2001(信州)
  4. SSS2002(三田)
  5. SSS2003(静岡)
  6. SSS2004(信州)
  7. SSS2005(後志)
  8. SSS2006(仙石原)
  9. SSS2007(鈴鹿)
  10. SSS2008(韓国済州島Samdo)
  11. SSS2009(佐賀)
  12. SSS2010(渋川伊香保)
  13. SSS2011(瀬戸内)
  14. SSS2012(静岡)
  15. SSS2013(雫石)
  16. SSS2014(小豆島)
  17. SSS2015(境港)
  18. SSS2016(新函館北斗)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-15 (月) 23:11:01 (12d)