情報処理学会 コンピュータと教育研究会研究発表会169回研究発表会

情報処理学会 コンピュータと教育研究会
169回研究発表会 §

※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3, 情報処理学会)

日程
2023年 3月11日(土),12日(日)
会場
千里金蘭大学(大阪府吹田市藤白台5丁目25−1)
 [受付] 3号館 9階 特設デスク
 [A会場] 3号館 9階 大会議室(メイン会場)
 [B会場] 3号館 7階 3715教室(パラレルセッション開催時のみ使用)
& オンライン発表
現地実行委員
小野 淳(千里金蘭大学)

会場案内 §

  • 現地会場 (千里金蘭大学) へのアクセス:
  • パラレルセッション[1日目学生セッション(1),(2)及び(3),(4)]は,ブレイクアウトルームで2会場に分かれて開催します.

聴講・参加方法 §

  • マイページから参加登録を行うと「第169回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」という件名のメールが送られます。
  • 当日の質疑はslidoを併用します。
  • 初等中等教育関係者聴講無料制度で参加を希望される方は,CE169初等中等教育関係者聴講参加登録フォームよりお申し込みください.
    • 資格確認の後,Zoom情報等を申請されたメールアドレスに送付いたします.
    • こちらの制度を利用する場合,マイページからの申し込みはできません.

参加費 §

CE研究会登録会員
情報処理学会ジュニア会員
無料
情報処理学会学生会員500円
情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く)2000
非会員学生1000円
その他3000
初等中等教育関係者(児童・生徒を含む)聴講無料
発表件数が20件以上になりました.太字の金額にご注意下さい.
(参加費規定についてはこちら

発表申込(発表申込締切:2023年1月25日(水),投稿締切:2023年2月15日(水)) §

発表申し込みの受付を終了いたしました。

研究報告 §

  • 研究会に参加登録された方はこちらから一括ダウンロードできます
    • 研究会開催の一週間前から終了後一週間程度の期間のみアクセスが可能です.
    • ID,パスワードは参加登録時に送信されております
      「第169回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
  • CE研究会登録会員の方は,各研究報告をこちらからダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.

当日ツイート ・ディスカッション §

  • ハッシュタグ... #ipsjce
  • CE研関係のお知らせは @ipsjceでも適宜ツイートしてます.

プログラム §

  • [番号]* はオンライン発表の予定です。

1日目 3月11日(土)

(A会場)
10:00-10:05 オープニング
10:05-11:45 学生セッション(1)
座長: 遠山 紗矢香(静岡大学)
【学生奨励賞】[1] 学習者用デジタル教科書・教材の操作履歴を可視化するインタフェースの提案と開発
種村 沙来 (東京学芸大学), 加藤 直樹 (東京学芸大学), 石井 雄大 (富士ソフト株式会社)
[2] 教室の天井に配置したマーカーを利用する座席位置推定方法の開発
鈴木 有里 (東京学芸大学), 加藤 直樹 (東京学芸大学)
[3] 小学生を対象とする探究的な科学実験を促す感染シミュレータ作成ワークショップの開発
前川 創 (青山学院大学), 松澤 芳昭 (青山学院大学)
[4] SQL学習者のためのパズル型問題の開発と評価
黒木 奏子 (青山学院大学), 松澤 芳昭 (青山学院大学)
(B会場)
10:05-11:45 学生セッション(2)
座長: 林 浩一 (武蔵野大学)
[5]* 言語や環境に依存しないチャットボットWeb API教材の開発
田中 友士 (大阪電気通信大学), 島袋 舞子 (大阪電気通信大学), 兼宗 進 (大阪電気通信大学)
【学生奨励賞】[6]* バーチャルリアリティ授業視聴システムの改良
谷口 謙太 (岡山大学大学院), 笹倉 万里子 (岡山大学学術研究院), 門田 暁人 (岡山大学学術研究院)
【学生奨励賞】[7]* 大学入試センターが開発した「情報機徑 PCI モジュールの効果評価の試み
坂倉 圭祐 (日本大学), 溝邊 耀佑 (日本大学), 谷 聖一 (日本大学)
[8]* 三項論証の妥当性判定能力に対する三角ロジック組み立て演習の効果
長澤 怜男 (広島大学大学院), 沖永 友広 (広島大学大学院), 藤原 宗幸 (広島商船高等専門学校), 林 雄介 (広島大学大学院), 平嶋 宗 (広島大学大学院)
11:45-12:45 昼休憩
(A会場)
12:45-14:25 学生セッション(3)
座長: 島袋 舞子 (大阪電気通信大学)
[9] アルゴリズム構築学習のための日本語訳プログラミングパズルの開発と評価
米澤 彩乃 (青山学院大学), 西村 萌 (青山学院大学), 松澤 芳昭 (青山学院大学)
【学生奨励賞】[10] パズル型プログラミング問題を利用した初学者の迷いや思考プロセスの個別分析の試み
西村 萌 (青山学院大学), 米澤 彩乃 (青山学院大学), 松澤 芳昭 (青山学院大学)
【学生奨励賞】[11] 機械学習を用いた中学校体育ダンス授業支援システムの開発
西尾 佳瑶子 (和歌山大学大学院), 坂間 千秋 (和歌山大学)
[12] DNCL2 を基にした教育用プログラミング言語の学習者へのエラー文提示に重点を置いたインタプリタの C#による開発
岸田 一幸 (筑波大学), 中井 央 (筑波大学)
(B会場)
12:45-14:00 学生セッション(4)
座長: 渡邉 景子 (東京女子体育大学)
[13] 専門学校におけるデータサイエンティスト教育基盤の構築
塩崎 雅基 (静岡大学大学院総合科学研究科/静岡大学大学院総合科学研究科), 永田 正樹 (静岡大学情報基盤センター)
[14] シラバスとWebサイトの文言を用いた職能スキルの分析
山本 開世 (静岡産業技術専門学校), 向島 響 (静岡産業技術専門学校), 塩崎 雅基 (静岡産業技術専門学校,静岡大学大学院), 阿部 祐輔 (静岡大学), 永田 正樹 (静岡大学)
[15] プログラミング教育における高校教員の支援方法の評価
長尾 輝人 (岡山大学大学院), 笹倉 万里子 (岡山大学大学院), 門田 暁人 (岡山大学大学院)
14:35-14:45 休憩
(A会場) 以降B会場はなし
14:45-16:40 一般セッション(1)
座長: 天野 由貴 (東京工業大学)
[16]* 教科書の索引の用語に着目した情報Iと他教科との関係
赤澤 紀子 (電気通信大学), 赤池 英夫 (電気通信大学), 柴田 雄登 (電気通信大学), 角田 博保 (電気通信大学), 中山 泰一 (電気通信大学)
[17]* 社内メールにおける適切な読点位置を指摘する文章推敲システムの開発
瀧田 航一朗 (株式会社フロム・ソフトウェア)
[18] 高校・高専・大学におけるネットワーク教育の課題とGNS3 VM WebUIを活用したネットワーク構築ハンズオン授業
加藤 直孝 (久留米工業高等専門学校)
[19] 初学者向け統計・データ分析科目における受講生質問傾向のテキストマイニングを用いた分析
西本 実苗 (神戸女子大学), 江見 圭司 (京朋社)
16:40-16:50 休憩
16:50-18:50 一般セッション(2)
座長: 大西 建輔(東海大学)
[20] 情報気砲けるマイコンボードを使用したプログラミング教育の学習効果に関する分析
井手 広康 (愛知県立小牧高等学校)
[21] タブレット必携授業を想定した遡れる中間モニタの試作と評価
坂東 宏和 (獨協医科大学), 上西 秀和 (獨協医科大学), 山下 真幸 (獨協医科大学)
[22] プログラミングにおける知的技能に注目した多肢選択問題自動生成システムの設計開発
杉原 美騎 (東京電機大学大学院), 高野 辰之 (関東学院大学), 小濱 隆司 (東京電機大学), 宮川 治 (東京電機大学)
[23] 授業中の受講生の典型的な表情の認識 〜集中度・理解度との関係を構築するため〜
大関 和夫 (東京国際工科専門職大学), 塩尻(斎藤) 亜希 (東京国際工科専門職大学), 上條 浩一 (東京国際工科専門職大学), 鈴木 雅美 (東京国際工科専門職大学)
18:50-18:55 1日目 クロージング

2日目 3月12日(日)

9:25-9:30 2日目 オープニング
9:30-11:30 一般セッション(3)
座長: 中園 長新(麗澤大学)
[24]* リアルタイム注釈表示システムによる講義理解支援の検討
石川 澄 (株式会社NTTドコモ), 千葉 麻莉子 (株式会社NTTドコモ), 菊入 圭 (株式会社NTTドコモ), 吉村 健 (株式会社NTTドコモ), 上原 哲太郎 (立命館大学)
[25] 専門科目「電気電子工学実験」におけるデジタルフィルタ実験教材の検討
小田井 圭 (国士舘大学)
[26] センター試験・共通テスト問題における出題プログラムの経年分析
兼宗 進 (大阪電気通信大学), 岸本 浩輝 (大阪電気通信大学), 漆原 宏丞 (大阪電気通信大学), 本多 佑希 (四天王寺大学), 岸本 有生 (大阪電気通信大学高等学校)
[27]* 抽象構文木を利用した入門レベルのプログラムの難易度判定手法
漆原 宏丞 (大阪電気通信大学), 岸本 有生 (大阪電気通信大学高等学校), 本多 佑希 (四天王寺大学), 兼宗 進 (大阪電気通信大学)
11:30-13:00 昼休憩
13:00-15:35 研究論文セッション・一般セッション(4)
座長: 坂東 宏和(獨協医科大学)
[28]* オンライン大学等のクラス内議論の可視化と定量化ー学習支援への展開ー
伊藤 泰史 (ビジネス・ブレークスルー大学/慶應義塾大学), 五嶋 研人 (慶應義塾大学), 遠山 元道 (慶應義塾大学), 金子 普丈 (慶應義塾大学)
[29] ゲーミフィケーションを活用した児童・生徒向け 情報セキュリティ学習プログラムの開発
津田 敦哉 (中央大学), 松崎 和賢 (中央大学)
[31] 幼稚園におけるプログラミング実践
渡邉 景子 (東京女子体育大学)
14:55-15:05 休憩
[30] アクティブラーニングに特化したオンライン授業ツールの開発
渡辺 勇士 (日本大学), 竹林 暁 (株式会社TENTO), 吉川 綱希 (株式会社TENTO), 藤原 尚聡 (株式会社TENTO)
15:35-17:35 一般セッション(5)
座長: 渡辺 勇士(日本大学)
[32] ロジカルシンキングの手法を用いた情報系専門学校のための卒業論文概要フレームワークの設計
林 浩一 (武蔵野大学)
[33] 商業科教員養成における教職課程の状況
門脇 敦 (放送大学大学院修士課程/大阪府立花園高等学校), 辰己 丈夫 (放送大学)
[34] 学校図書館を活用した情報教育実現に向けた働きかけの検討
中園 長新 (麗澤大学)
[35] デジタル・シティズンシップ教育の未来展望 ―臨床教育学の視座から―
朝倉 恵 (藤女子大学大学院人間生活学研究科修士課程)
17:35-17:50 クロージング

発表時間 §

お問い合せ先 §

  • 研究会担当幹事:林浩一(武蔵野大学), 渡邉景子(東京女子体育大学)

お問い合せ先 §

  • 研究会担当幹事:林浩一(武蔵野大学),中園長新(麗澤大学),赤澤紀子(電気通信大学)
    • ce-info[at]ce.ipsj.or.jp へ( [at] は @ に変更して)メールにてご連絡ください。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-03-24 (金) 15:02:30 (66d)