[[157回研究発表会]]

[[情報処理学会 コンピュータと教育研究会]]→[[研究発表会]]→[[157回研究発表会]]

*情報処理学会 コンピュータと教育研究会&br;157回研究発表会 [#cde6309e]
&size(20){[[※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3, 情報処理学会):https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce153.html]]};

** 発表申込(発表申込〆切:%%2020月09日18日(金)%% 2020月09日28日(月),投稿締切:2020年10月15日(木) ) [#v9fe1032]
//''&color(red){申込〆切から原稿〆切まで1週間しかありませんのでご注意下さい};''
//
//原稿受付を終了いたしました。

%%現在,157回研究発表会(CE157)の発表申込を受付中です。''&color(red){※申し込み期間を延長しました!};''%% 発表受付を終了いたしました。

発表をご希望の方は,[[申込に関する詳細>研究発表会]]をご確認の上,[[投稿システムより発表申込を行ってください.:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]]

&color(red){発表申し込みが多数};の場合先着順とし,申込受付を早期終了する場合がございますので,発表をお考えの方はお早めにお申し込みください。

//発表をご希望の方は,[[申込に関する詳細>研究発表会]]をご確認の上,[[投稿システムより発表申込を行ってください.:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]]

[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]]での発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に''「&color(blue){学生セッション希望};」''と記入して下さい。

[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]]での発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に''「&color(red){研究論文セッション希望};」''と記入して下さい。

:日程|2020年 %%11月 7日(土)〜8日(日)%% 11月 7日(土)
//:共催|一般社団法人 日本産業技術教育学会
:会場| オンライン発表

** 会場案内 [#g700fe5c]
- Zoom 会議室にて開催します。

-- 参考:[[ 情報処理学会 大会/研究会 Zoom 接続の手引:https://drive.google.com/open?id=17VsSq8gy1TiVf7lsXtOEJtsWUwGxIcPo]]

** 聴講・参加方法 [#n9a8b574]
- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce155.html]]を参照の上、マイページにログイン後、「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします。

** プログラム(オンライン発表) [#zaa7baa1]

:9:00-9:05 オープニング |

:9:05 - 10:45 学生セッション|座長: 
:9:05 - 10:45 学生セッション|座長:隅谷 孝洋 (広島大学)

::[1] 外国語学習における遠隔型協調学習支援に向けた 360度画像が及ぼす影響の検討|
近藤颯人(大阪大学),白井詩沙香(大阪大学),アリザデ・メラサ(大阪大学),岩居弘樹(大阪大学),竹村治雄(大阪大学)

::[2] PBLにおけるコミュニケーションツールに着目した学習振り返り支援システムの開発|
松山航(公立はこだて未来大学システム情報科学研究科),大場みち子(公立はこだて未来大学),伊藤恵(公立はこだて未来大学)

::[3] プログラミング教育のための、類題出題システムの提案|
吉村涼矢(早稲田大学),坂本一憲(早稲田大学),鷲崎弘宜(早稲田大学),深澤良彰(早稲田大学)

::[4] プログラミング教育支援フォント『もなかこみフォント』の開発|
岡本雄樹(放送大学大学院 情報学プログラム 修士課程),辰己丈夫(放送大学 情報コース)

:10:45-11:00 休憩|

:11:00 - 12:30 一般セッション1|座長:中園 長新(東京福祉大学)

::[5] 語彙階層とオブジェクト階層を利用したスマートスピーカーの短文解釈方式の提案|
本多佑希(大阪電気通信大学),岸本有生(大阪電気通信大学高等学校),兼宗進(大阪電気通信大学)

::[6] コンピュータの整列処理で正解との距離は単調に減少するか?|
山口琢(フリー),大場みち子(公立はこだて未来大学)

::[7] 計測データのクラウド保存と分析が可能なIoT学習教材の提案|
岸本有生(大阪電気通信大学高等学校),本多佑希(大阪電気通信大学),兼宗進(大阪電気通信大学)

:12:30 - 13:30 昼休憩|

:13:30 - 15:30 一般セッション2|座長:林 浩一(武蔵野大学)

::[8] 「情報基礎」におけるハイフレックス授業の実践例|
渡辺博芳(帝京大学),宮崎誠(帝京大学)

::[9] リアルタイムオンライン授業中に今までの内容を静止画とテキストで確認できるツールの提案と試作|
坂東宏和(獨協医科大学),山下真幸(獨協医科大学),上西秀和(獨協医科大学),坂田信裕(獨協医科大学)

::[10] 半年間のインターネットを活用した授業を受けた大学生の受講環境・方法と受け止め方の調査 --教員養成課程・技術教育コースの場合--|
光永法明(大阪教育大学)

::[11] FPGA を用いた論理回路設計実験の遠隔実践|
赤池英夫(電気通信大学),島崎俊介(電気通信大学)成見哲(電気通信大学)

:15:30 - 15:45 休憩|

:15:45 - 17:45 一般セッション3|座長:山口琢(フリー)

::[12] 事例からみる情報教育の視点と判断力を養う情報教育の必要性に関する考察  ―情報教育の現場と学習指導要領を踏まえて―|
片江康裕(東京都立調布南高等学校)

::[13] 高等学校情報科における人工知能の扱い:学習指導要領解説の記述から|
中園長新(東京福祉大学)

::[14] データサイエンス利活用に関する全学的オンライン授業における対話的学修法の試行|
中村太戯留(武蔵野大学{MUSIC/データサイエンス学部/教養教育リサーチセンター}),渡邊紀文(武蔵野大学{MUSIC/データサイエンス学部/教養教育リサーチセンター}),田丸恵理子(武蔵野大学MUSIC),上林憲行(武蔵野大学{MUSIC/データサイエンス学部})

::[15] データサイエンス教育において「数理モデリング」をいかに教えるか|
木庭淳(兵庫県立大学社会情報科学部),加藤直樹(兵庫県立大学社会情報科学部)

:17:45 - 17:55 クロージング|

**発表時間 [#c3ed87ce]

-一般発表セッション(30分)
--発表 20分
--質疑応答 10分
-[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]](25分)
--発表 15分
--質疑応答 10分
-[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]](35分)
--発表 20分
--助言者コメント紹介 5分
--質疑応答 10分


**&color(green){[広告]2020年度小中高教員【秋】のキャンペーン}; [#t73ed29b]
- キャンペーン概要
:期間:|
2020年10月1日〜11月27日
:対象:|
小中高校(相当する教育機関を含む)に教職員として勤務されている方(現職)
:内容:|
入会金、会費が割引になるキャンペーンです。&br;
既に正会員でご活動いただいている先生方にもキャンペーンを拡大いたします。&br;
詳しくは、[[2020年度小中高教員【秋】のキャンペーン :https://www.ipsj.or.jp/member/kyoinwaribiki-aki-2020.html]]をご覧ください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS