[[情報処理学会 コンピュータと教育研究会]]→[[研究発表会]]→[[160回研究発表会]]

*情報処理学会 コンピュータと教育研究会&br;160回研究発表会 [#ec93ec80]
//&size(18){&color(red){*現地開催を取りやめ,オンライン開催のみとしました.};};
&size(20){[[※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.7.8, 情報処理学会):https://www.ipsj.or.jp/topics/coronavirus-2020.07.07.html]]};

:日程|2021年6月5日(土)〜6日(日)
::6月5日(土):CE研 研究発表会|
::6月6日(日) 午前:『技術・情報』新課程研究セミナー|
::6月6日(日) 午後:『技術・情報』新課程研究セミナー◆憤貳面砧素杰)|
:共催|[[一般社団法人 日本産業技術教育学会:https://www.jste.jp/main/]]
:会場|オンライン
//:現地委員|
//:後援|
:協賛| [[全国高等学校情報教育研究会:http://www.zenkojoken.jp/]]

** 会場案内 [#b21aaf88]
//-電気通信大学
//-- [[会場へのアクセス:https://www.uec.ac.jp/about/profile/access/]]
//-- [[学内マップ:https://www.uec.ac.jp/about/profile/access/pdf/map.pdf]] &br;
- Zoom 会議室
--研究会の聴講には参加登録が必要です.
---1日目,2日目午前,2日目午後の各セッションはそれぞれ異なる会議室で行われます.
---研究会に参加される方には,それぞれの会議室URLを,「参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールでご案内します.
-- 次の資料をご参照の上,ご参加ください.
--- [[ 情報処理学会 大会/研究会 Zoom 接続の手引:https://drive.google.com/open?id=17VsSq8gy1TiVf7lsXtOEJtsWUwGxIcPo]]

--2日目午後のセッションはどなたも無料で参加できます.
//--- 参加の方法等,詳細につきましては後日ご案内します.
//のみ参加される方は,所定のフォームよりお申し込みをお願いします.
//---前日までに会議室URLをフォームで申請されたメールアドレス宛にご案内します.

** 聴講・参加方法 [#qd680d8f]
- 参加申込は&color(red){5/28に開始};いたしました.
//- 参加申込はただ今準備中です.(5/28 情報処理学会マイページより申し込み開始予定)
- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce160.html]]を参照の上,マイページにログイン後,「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします.&br;参加登録後にオンライン参加用URL,及び論文集DL用URLが送付されます.

- 2日目午後の「『技術・情報』新課程研究セミナー◆憤貳面砧素杰)」のみご参加の場合,[[こちら:https://forms.gle/cTHAhSEvRMkhjyWe7]]から申し込み下さい.

** [[発表申込:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]](発表申込締切:2021年4月29日(木),投稿締切:2021年5月13日(木) ) [#i3776a2f]

//- 現在,160回研究発表会(CE160)の発表申込を受付中です.
//160回研究発表会(CE160)の発表申込受付は終了しました.
- 160回研究発表会(CE160)の発表原稿受付は終了しました.
//ただいま投稿システム準備中につき,お申し込みはもうしばらくお待ち下さい.

//- 発表をご希望の方は,[[申込に関する詳細>研究発表会]]をご確認の上,[[投稿システム:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]]より発表申込を行ってください.

//- &color(red){発表申し込みが多数};の場合先着順とし,申込受付を早期終了する場合がございますので,発表をお考えの方はお早めにお申し込みください.

//-- [[学生セッション>研究発表会#kd59f514]]での発表を希望する場合は,&br;発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に''「&color(blue){学生セッション希望};」''と記入して下さい.

//-- [[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]]での発表を希望する場合は,&br;発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に''「&color(red){研究論文セッション希望};」''と記入して下さい.

//-- システムでは「研究会への連絡事項」として,&br;&color(blue){学生セッション};および&color(red){研究論文セッション};希望の場合のコメントが予め入力されていますので,&br;該当するものを残しそれ以外を削除してから,(一般発表の場合はすべて削除してから)お申し込みください.

** 参加費 [#fadd1ac3]
,CE研究会登録会員&br;情報処理学会ジュニア会員&br;日本産業技術教育学会員, 無料
,情報処理学会学生会員, 500円
,情報処理学会個人会員&br;情報処理学会賛助会員(学生会員を除く), 1500円
//,情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く),2000円
,非会員学生, 1000円
,その他, 2500円
//,その他, ''3000''円
,初等中等教育関係者(児童・生徒を含む), 聴講無料
//,電気通信大学関係者(CE154のみ), 聴講無料*
//CENTER:発表件数が20件以上になりました.''太字''の金額にご注意下さい.~
//CENTER:( ~
//CENTER:(*聴講無料の方が資料をダウンロードされる場合, ~
//CENTER:情報処理学会個人会員と同額の参加費をいただきます.) ~
//CENTER:発表件数が20件以上の場合,''太字の金額''が増額する場合があります.~
CENTER:(参加費規定については[[こちら:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html]])
//CENTER:今回は発表者のみ参加費をいただき,聴講はどなたも無料となります.
CENTER:ただし,6日午後のセッションはどなたも無料で聴講いただけます.

**研究報告 [#rba13fb9]
- TBA
//- 研究会に参加登録された方は[[こちらから:http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/CE/CE158.html]]一括ダウンロードできます
//-- ID,パスワードは「参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
//-- 研究会終了後一週間程度でアクセスできなくなります.
//- CE研究会登録会員の方は,各研究報告を[[こちらから:https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_snippet&index_id=10510&pn=1&count=20&order=7&lang=japanese&page_id=13&block_id=8]]ダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.


**当日ツイート [#w90f9ed3]
-ハッシュタグ... [[#ipsjce:https://twitter.com/#!/search/realtime/%23ipsjce]] 
//-[[Twitterつぶやきまとめ(ハッシュタグ:#ipsjce):http://togetter.com/li/1056055]]
-CE研関係のお知らせは [[@ipsjce:https://twitter.com/ipsjce]]でも適宜ツイートしてます.

** プログラム [#b61d1aa9]
//- TBD
6月5日(土) 

- CEセッション

:13:00-13:05 オープニング|
:13:05 - 14:20 学生セッション(1)|
座長: 三浦 元喜(千葉工業大学)

::[1]授業感想文の内容把握を支援するインタフェースの提案と改善のための評価|松原 未和(東京学芸大学大学院),加藤 直樹(東京学芸大学)
::&color(red){【学生奨励賞】};[1]授業感想文の内容把握を支援するインタフェースの提案と改善のための評価|松原 未和(東京学芸大学大学院),加藤 直樹(東京学芸大学)
::[2]AI数学学習教材の数学教育の視点からの考察 −累乗の分類−|南薗 明希(大阪教育大学連合教職大学院),上出 吉則(大阪教育大学)
::[3]学び方改善のための契約書を作成する自己調整学習支援システムの開発|小野 峻明(岩手県立大学),市川 尚(岩手県立大学),高木 正則(岩手県立大学),富澤 浩樹(岩手県立大学),阿部 昭博(岩手県立大学)
::&color(red){【学生奨励賞】};[3]学び方改善のための契約書を作成する自己調整学習支援システムの開発|小野 峻明(岩手県立大学),市川 尚(岩手県立大学),高木 正則(岩手県立大学),富澤 浩樹(岩手県立大学),阿部 昭博(岩手県立大学)

:14:35 - 15:55 学生セッション(2)・一般セッション|
座長: 西田 知博(大阪学院大学)
:(学生セッション)|

::[4]バグ修正とコードリーディング-アルゴリズム学習に適しているのはどちらか-|倉持 雄樹(早稲田大学),坂本 一憲(早稲田大学),鷲崎 弘宜(早稲田大学),深澤 良彰(早稲田大学)
::[5]コンピュータサイエンスアンプラグドをオンラインで実施するための工夫とその試行結果|宿野部 啓太(長野大学),神田 玲奈(長野大学),和田 勉(長野大学)
:(一般セッション)|

::[6]木構造プログラミングシステム|都倉 信樹(大阪電気通信大学)

:16:10 - 17:55 研究論文セッション|
座長: 白井 詩沙香(大阪大学)

::[7]高等学校データサイエンスにおける導入教材の教育効果と有効性|林 宏樹(兵庫県立姫路西高等学校)
::[8]取捨選択操作の時間的な共起分析によるプログラミング・プロセスでの迷いの検出|山口 琢(フリー),松澤 芳昭(青山学院大学),新美 礼彦(公立はこだて未来大学),大場 みち子(公立はこだて未来大学)
::[9]ロジカルシンキングにおける論証関係の読取り誤りの世代・職業・学歴別の傾向分析|林 浩一(武蔵野大学)

:17:55 -1日目クロージング|

6月6日(日)
 
- JSTE セッション
:10:00-12:00|

:『技術・情報』新課程研究セミナー|

::[10](講演1)未就学児・低学年児童を対象にしたプログラミング教育|
渡辺 勇士(電気通信大学/合同会社デジタルポケット)
::[11](講演2)医療・介護技術のシステムを題材とした中学校技術・家庭科技術分野(情報の技術)の実践|加藤 佳昭(岩手大学附属中学校)
::[12](講演3)中学校において情報の流れに着目した双方向のプログラミング授業実践とその効果|小島 一生(大町市立仁科台中学校)
::[13](講演4)スマートスピーカーのプログラミングを題材とした高等学校での授業実践|本多 佑希(四天王寺大学 高等教育推進センター)

:13:00-15:50|

:『技術・情報』新課程研究セミナー◆憤貳面砧素杰)|

::(招待講演1)中学校における技術・情報教育の最新動向|
上野 耕史(文部科学省視学官)
::(招待講演2)高等学校における情報教育の最新動向|
鹿野 利春(京都精華大学メディア表現学部/元文部科学省教科調査官)
::パネルディスカッション|


**発表時間 [#c807160a]

-一般発表セッション(30分)
--発表 20分
--質疑応答 10分
-[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]](25分)
--発表 15分
--質疑応答 10分
-[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]](35分)
--発表 20分
--助言者コメント紹介 5分
--質疑応答 10分

//**&color(green){[広告]2021年度小中高教員キャンペーン}; [#n8c8a851]
//- キャンペーン概要
//:期間:|
//2020年10月1日〜11月27日
//:対象:|
//小中高校(相当する教育機関を含む)に教職員として勤務されている方(現職)
//:内容:|
//入会金,会費が割引になるキャンペーンです.&br;
//既に正会員でご活動いただいている先生方にもキャンペーンを拡大いたします.&br;
//詳しくは,[[2020年度小中高教員【秋】のキャンペー//
//ン :https://www.ipsj.or.jp/member/kyoinwaribiki-aki-2020.html]]をご覧ください//.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS