[[情報処理学会 コンピュータと教育研究会]]→[[研究発表会]]→[[167回研究発表会]]

*情報処理学会 コンピュータと教育研究会&br;167回研究発表会&br; ([[SITE研:https://www.ieice.org/~site/]]と合同) [#n69f89ef]

//&color(red){発表申込期限を延長しました。(8月25日(木))};&br;
//なお,投稿締切は変更ありませんので,ご注意ください.

//&color(red){開催日を10月1日(土)のみ1日といたしました。};&br;

&size(20){[[※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3, 情報処理学会):https://www.ipsj.or.jp/topics/coronavirus.html]]};

:日程|2022年 12月3日(土),4日(日)
:連催|一般社団法人 電子情報通信学会 [[技術と社会・倫理研究会(SITE):https://www.ieice.org/~site/]]

:会場| 福岡工業大学(福岡県福岡市東区和白東3-30-1) FITホール 2階 セミナー室 &br;& オンライン発表

:現地実行委員| 石塚 丈晴(福岡工業大学短期大学部)

** 会場案内 [#de14c1a3]

- 現地会場 (福岡工業大学) へのアクセス:
--交通アクセスは[[こちら:https://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/]] 
--キャンパスマップは[[こちら:https://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/map/]] 


- オンライン発表はZoom 会議室にて開催します。
-- 会議室URLは参加登録後にお伝えします。
-- 参考:[[ 情報処理学会 大会/研究会 Zoom 接続の手引:https://drive.google.com/open?id=17VsSq8gy1TiVf7lsXtOEJtsWUwGxIcPo]]

** 聴講・参加方法 [#z0944a0e]
- 開催1週間前から参加・聴講申込を開始します(予定)。
//- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce165.html]]を参照の上、マイページにログイン後、「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします。
//- 開催1週間前から参加・聴講申込を開始します(予定)。
- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce167.html]]を参照の上、マイページにログイン後、「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします。

//-- マイページから参加登録を行うと「第166回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」という件名のメールが送られます。
-- マイページから参加登録を行うと「第167回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」という件名のメールが送られます。
//- 現地参加希望の方は、併せて現地参加登録(マイページ登録後に送られるメールで登録方法が案内されます)を行ってください。
//#br
//- 当日の質疑は[[slido:https://www.sli.do/jp]]を併用します。
//(研究会開催中はアクセスコードをこちらに表示予定)
//-- A会場: #861552
//-- B会場: #697257
//-- 画面右上のボタンよりプロファイル名前欄に「お名前(ご所属)」を設定してご利用ください。
//#br
//- 今年度より,初等中等教育関係者聴講無料制度でのお申込みのみ,マイページではなく,&br;[[初等中等教育関係者聴講参加登録フォーム:https://forms.gle/aZQQVCcT37hf191fA]]よりお申し込みいただくことになりました.&br;資格確認の後,Zoom情報等を登録メールアドレスに送付いたします.
- 今年度より,初等中等教育関係者聴講無料制度での参加申込みのみ,マイページではなく,&br;[[初等中等教育関係者聴講参加登録フォーム:https://forms.gle/oMdzrtazv7JnUFcx8]]よりお申し込みいただくことになりました.&br;資格確認の後,Zoom情報等を登録メールアドレスに送付いたします.
//- マイページ登録を行ったのにメールが届かない場合は、[[お問合せ先:https://ce.eplang.jp/index.php?165%B2%F3%B8%A6%B5%E6%C8%AF%C9%BD%B2%F1#w2eb3694]]までご連絡ください。
** 参加費 [#na9bf08a]
,CE研究会登録会員&br;情報処理学会ジュニア会員, 無料
,情報処理学会学生会員, 500円
//,情報処理学会個人会員&br;情報処理学会賛助会員(学生会員を除く), 1500円
,情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く), ''2000''円
,非会員学生, 1000円
//,その他, 2500円
,その他, ''3000''円
,初等中等教育関係者(児童・生徒を含む), 聴講無料
CENTER:発表件数が20件以上になりました.''太字''の金額にご注意下さい.~
//CENTER:( ~
//CENTER:(*初等中等教育関係者聴講無料の制度を利用して聴講を希望される方は~
//CENTER:[[初等中等教育関係者聴講参加登録:https://forms.gle/aZQQVCcT37hf191fA]]よりお申し込みください.) ~
//CENTER:情報処理学会個人会員と同額の参加費をいただきます.) ~
//CENTER:発表件数が20件以上の場合,''太字の金額''が増額する場合があります.~
CENTER:(参加費規定については[[こちら:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html]])
//CENTER:今回は発表者のみ参加費をいただき,聴講はどなたも無料となります.
//CENTER:ただし,6日午後のセッションはどなたも無料で聴講いただけます.
//
** 発表申込(発表申込締切:2022年10月10日(月),投稿締切:2022年11月1日(火)) [#n4689c0b]
//まもなく発表申込を受付開始いたします。もうしばらくお待ち下さい。
//''&color(red){申込〆切から原稿〆切まで1週間しかありませんのでご注意下さい};''
//
//論文投稿の受付を終了いたしました。

//現在,167回研究発表会(CE167)の発表申込を受付中です。
//(申込締切を8月11日から延長しました。)

発表をご希望の方は,[[申込に関する詳細>研究発表会]]をご確認の上,[[投稿システムより発表申込を行ってください.:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]]

&color(red){発表申し込みが多数};の場合先着順とし,申込受付を早期終了する場合がございますので,発表をお考えの方はお早めにお申し込みください。

[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]]での発表を希望する場合は、&br;
//発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(blue){学生セッション希望};」''と記入して下さい。

[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]]での発表を希望する場合は、&br;
発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(blue){研究論文セッション希望(論文orショートペーパー)};」''と&br;
()内に「査読付論文」または「ショートペーパー」のどちらでの助言を希望するのかを明記してください。

会場での発表と,オンライン発表を併用したハイフレックス運営を予定しています。&br;
現時点での予定でかまいませんので,&br;
発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(red){会場発表};」''か''「&color(red){オンライン発表};」''かを記入して下さい。&br;
(感染状況によっては全面オンライン発表になることも考えられます)

**研究報告 [#i1b29119]
- TBA
//- 研究会に参加登録された方は[[こちら:http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/CE/CE165.html]]から一括ダウンロードできます
//-- ID,パスワードは「第165回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
//-- 研究会終了後一週間程度でアクセスできなくなります.
//- CE研究会登録会員の方は,各研究報告を[[こちらから:https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_snippet&index_id=10934&pn=1&count=20&order=7&lang=japanese&page_id=13&block_id=8]]ダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.
//- TBA
- 研究会に参加登録された方は[[こちら:http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/CE/CE167.html]]から一括ダウンロードできます
-- ID,パスワードは「第167回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
-- こちらは研究会終了後一週間程度でアクセスできなくなります.
- CE研究会登録会員の方は,各研究報告を[[こちらから:https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_opensearch&index_id=11077&count=20&order=7&pn=1]]ダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.
//
//
**当日ツイート ・ディスカッション[#t9288264]
-ハッシュタグ... [[#ipsjce:https://twitter.com/#!/search/realtime/%23ipsjce]] 
//-[[Twitterつぶやきまとめ(ハッシュタグ:#ipsjce):http://togetter.com/li/1056055]]
-CE研関係のお知らせは [[@ipsjce:https://twitter.com/ipsjce]]でも適宜ツイートしてます.

//- 発表中の質問や議論に sli.do を利用します.
//-- 研究会開催中,リンクをこちらに示します.
//-- sli.do へのリンク提示終了しました.
//[[こちら:https://app.sli.do/event/dQXU1HABag8cVbi1k4uWYb/live/questions]].

** プログラム [#w951269b]
- [番号]* はオンライン発表の予定です。

1日目 12月3日(土)

:9:55-10:00 オープニング|

:10:00-12:00 一般発表セッション(1)|座長:中園 長新(麗澤大学)

::[1]* 高等学校「情報機廚砲ける段階的なPPDACサイクルの指導によるデータサイエンス教育の授業実践例 |林 宏樹 (雲雀丘学園中高等学校/帝京大学大学院),渡辺 博芳 (帝京大学)
::[2] 「情報機廚砲ける「プロジェクト・マネジメント」学習 ―総合的な探究の時間「課題研究」との教科横断型授業の試み―|森 美穂 (福岡県立修猷館高等学校),多川 孝央 (九州大学情報基盤研究開発センター)
::[3] 大学初年次生における情報リテラシーに影響を与える要因の変化について|吉永 敦征 (山口県立大学),畔津 忠博 (山口県立大学)
::[4] 仮想事例のロールプレイとプロジェクト活動の振り返りを取り入れた技術者倫理教育|松原 裕之 (福岡工業大学)

:12:00-13:00 昼休憩|

:13:00-14:15 学生セッション(1)|座長:渡邉 景子(東京女子体育大学)

::[5]* 日本の高校教育における動向と課題について|貴宮 叶羽 (筑波大学附属坂戸高等学校)
::[6]* プログラミング授業の学生に対する変数名検討を支援するシステムの提案|馬 文韜 (琉球大学大学院理工学研究科工学専攻知能情報プログラム),當間 愛晃 (琉球大学大学院理工学研究科工学専攻知能情報プログラム)
::[7]* コード‐クラス図間対応理解補助システムの開発と評価|蟻坂 太士 (電気通信大学大学院),久野 靖 (電気通信大学),中山 泰一 (電気通信大学大学院)

:14:30-15:45 学生セッション(2)|座長:天野 由貴(東京工業大学)

::[8] 学習行動及び学生のモチベーションを加味した学習成果予測モデルの構築|左座 祐之助 (公立諏訪東京理科大学大学院),中村 伊吹 (公立諏訪東京理科大学大学院),増田 武史 (公立諏訪東京理科大学大学院),尾崎 剛 (公立諏訪東京理科大学大学院),広瀬 啓雄 (公立諏訪東京理科大学大学院)
::[9] オンライン試験における不正抑止システム|下山 滉平 (神奈川工科大学),渡辺 拓哉 (神奈川工科大学大学院),清原 良三 (神奈川工科大学)
::[10] 利用動機がインターネット依存傾向のリスクとなるかの分析および利他発信態度が利用動機改善につながる可能性の検討|越智 亮太 (放送大学大学院),多川 孝央 (九州大学),山田 恒夫 (放送大学)

:16:00-18:00 一般発表セッション(2)|座長:林 浩一(武蔵野大学)

::[11] オフライン環境とオンライン環境に対応したIoTベースのSTEAM教材の設計・開発|神田 悠作 (信州大学大学院),香山 瑞恵 (信州大学),舘 伸幸 (マイクロエデュケーション),永井 孝 (ものつくり大学),清水 峻司 (信州大学大学院)
::[12] 協働でのプログラミング学習を行うVR教材の開発|向田 一成 (信州大学大学院),香山 瑞恵 (信州大学大学院),永井 孝 (ものつくり大学),舘 伸幸 (信州大学/マイクロエデュケーション),足立 俊亮 (ものつくり大学)
::[13] 動画教材の自動生成スクリプトの試み|小山 裕司 (東京都立産業技術大学院大学)
::[14] 学習間隔に応じた得点計算法が適用されたリレーショナルデータモデル演習システムの利用者個別の利用状況分析|笠松 映佑 (茨城大学大学院理工学研究科),岡田 信一郎 (茨城大学工学部)

:18:00-18:05 1日目クロージング|

2日目 12月4日(日)

:9:55-10:00 2日目オープニング|

:10:00-11:30 一般発表セッション(3)|座長:遠山 紗矢香(静岡大学)

::[15]* 高校生の自撮り写真におけるソーシャルメディア投稿と承認欲求の関係について|朱 文昌 (放送大学大学院),辰己 丈夫 (放送大学)
::[16]* 産学コンソーシアムによるデータサイエンス人材育成の実践|松原 茂樹 (名古屋大学),中岩 浩巳 (名古屋大学),駒水 孝裕 (名古屋大学),鈴木 優 (岐阜大学),井手 一郎 (名古屋大学),西村 訓弘 (三重大学),速水 悟 (岐阜大学),武田 一哉 (名古屋大学)
::[17]* コンピュータサイエンス教育における ジェンダーに関する先行研究分類の試み|小田 理代 (東北大学大学院情報科学研究科),登本 洋子 (東京学芸大学),堀田 龍也 (東北大学大学院情報科学研究科)

:11:30-13:00 昼休憩|

//:13:00-16:00 SITE研セッション|
:13:00-13:50 SITE研セッション(1)|座長: 吉永 敦征(山口県立大)

::[18] グリーンボンドが企業の経営効率に与える要因に関する分析|
方 鳳麒・能上慎也(東理科大)

::[19] 還元と検証を巡るクワイン哲学 〜 「経験主義の2つのドグマ」を中心に 〜|
小池 誠(小池誠マイクロ波研)

:14:00-16:00 SITE研セッション(2)|座長: 多川孝央(九州大学)

::シンポジウム 技術と倫理をめぐる対話と倫理綱領事例集:倫理綱領改訂と2学会共同倫理綱領事例集制作| 

//::[第1部] 14:00-15:20|

:::趣旨説明|
:::[20] [招待講演]電子情報通信学会の倫理綱領改訂について|
小川 賢(神戸学院大)
:::[21] [招待講演]情報処理学会の倫理綱領改訂について|
高橋克巳(NTT社会情報研)
:::[22] [招待講演]倫理綱領の普及のための工夫について|
辰己丈夫(放送大)
:::[23] [招待講演]専門家と非専門家の対話に倫理綱領はどのように貢献できるか|
中園長新(麗澤大)
:::[24] [招待講演]脆弱性対応に関する倫理綱領とベストプラクティス|
秋山満昭(NTT社会情報研)

:::休憩 15:20-15:30|

//::[第2部] 15:30-16:00|
:::[25] [招待講演]パネルディスカッション 技術と倫理をめぐる対話と倫理綱領事例集|
多川孝央(九大)

:16:00-16:10 クロージング|

**発表時間 [#x7357f98]

-一般発表セッション(30分)
--発表 20分
--質疑応答 10分
-[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]](25分)
--発表 15分
--質疑応答 10分
-[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]](35分)
--発表 20分
--助言者コメント紹介 5分
--質疑応答 10分

**お問い合せ先 [#ya5e0ea5]
- 研究会担当幹事:林浩一(武蔵野大学), 渡邉景子(東京女子体育大学)
-- ceken.info[at]gmail.com へ( [at] は @ に変更して)メールにてご連絡ください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS