[[情報処理学会 コンピュータと教育研究会]]→[[研究発表会]]→[[168回研究発表会]]

*情報処理学会 コンピュータと教育研究会&br;168回研究発表会 [#s5f74cdf]
//&color(red){発表申込期限を延長しました。(8月25日(木))};&br;
//なお,投稿締切は変更ありませんので,ご注意ください.

//&color(red){開催日を10月1日(土)のみ1日といたしました。};&br;

&size(20){[[※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3, 情報処理学会):https://www.ipsj.or.jp/topics/coronavirus.html]]};

:日程|2023年 2月11日(土),12日(日)

:会場| 東京大学駒場キャンパスI  12号館 1F-1214教室(東京都目黒区駒場3-8-1)  &br;& オンライン発表

:現地実行委員| 関谷 貴之(東京大学)

** 会場案内 [#ge7738d0]

- 現地会場 (東京大学駒場キャンパス) へのアクセス:
--交通アクセスは[[こちら:https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map02_02.html]] 
--キャンパスマップは[[こちら:https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map02_01.html]] 


- オンライン発表はZoom 会議室にて開催します。
-- 会議室URLは参加登録後にお伝えします。
-- 参考:[[ 情報処理学会 大会/研究会 Zoom 接続の手引:https://drive.google.com/open?id=17VsSq8gy1TiVf7lsXtOEJtsWUwGxIcPo]]

** 聴講・参加方法 [#m417ba70]
- 開催1週間前から参加・聴講申込を開始します(予定)。
//- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce167.html]]を参照の上、マイページにログイン後、「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします。
//- 開催1週間前から参加・聴講申込を開始します(予定)。
- [[情報処理学会 研究会案内:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ce168.html]]を参照の上、マイページにログイン後、「イベント一覧・申込」から参加登録をお願いします。

//-- マイページから参加登録を行うと「第167回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」という件名のメールが送られます。
-- マイページから参加登録を行うと「第168回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」という件名のメールが送られます。
//- 現地参加希望の方は、併せて現地参加登録(マイページ登録後に送られるメールで登録方法が案内されます)を行ってください。
//#br
//- 当日の質疑は[[slido:https://www.sli.do/jp]]を併用します。
//(研究会開催中はアクセスコードをこちらに表示予定)
//-- A会場: #861552
//-- B会場: #697257
//-- 画面右上のボタンよりプロファイル名前欄に「お名前(ご所属)」を設定してご利用ください。
//#br
//- 今年度より,初等中等教育関係者聴講無料制度での参加申込みのみ,マイページではなく,&br;[[初等中等教育関係者聴講参加登録フォーム:https://forms.gle/oMdzrtazv7JnUFcx8]]よりお申し込みいただくことになりました.&br;資格確認の後,Zoom情報等を登録メールアドレスに送付いたします.
- 今年度より,初等中等教育関係者聴講無料制度での参加申込みのみ,マイページではなく,&br;[[初等中等教育関係者聴講参加登録フォーム:https://forms.gle/tZuZPSSzp3cC9sWh7]]よりお申し込みいただくことになりました.&br;資格確認の後,Zoom情報等を登録メールアドレスに送付いたします.
//- マイページ登録を行ったのにメールが届かない場合は、[[お問合せ先:https://ce.eplang.jp/index.php?165%B2%F3%B8%A6%B5%E6%C8%AF%C9%BD%B2%F1#w2eb3694]]までご連絡ください。
** 参加費 [#wd7712ee]
,CE研究会登録会員&br;情報処理学会ジュニア会員, 無料
,情報処理学会学生会員, 500円
//,情報処理学会個人会員&br;情報処理学会賛助会員(学生会員を除く),  ''1500 ''円
,情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く), ''2000''円
,非会員学生, 1000円
//,その他,  ''2500 ''円
,その他, ''3000''円
,初等中等教育関係者(児童・生徒を含む), 聴講無料
CENTER:発表件数が20件以上になりました.''太字''の金額にご注意下さい.~
//CENTER:( ~
//CENTER:(*初等中等教育関係者聴講無料の制度を利用して聴講を希望される方は~
//CENTER:[[初等中等教育関係者聴講参加登録:https://forms.gle/aZQQVCcT37hf191fA]]よりお申し込みください.) ~
//CENTER:情報処理学会個人会員と同額の参加費をいただきます.) ~
//CENTER:発表件数が20件以上の場合,''太字の金額''が増額する場合があります.~
CENTER:(参加費規定については[[こちら:https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html]])
//CENTER:今回は発表者のみ参加費をいただき,聴講はどなたも無料となります.
//CENTER:ただし,6日午後のセッションはどなたも無料で聴講いただけます.
//
** 発表申込(発表申込締切:2022年12月22日(木),投稿締切:2023年1月19日(木)) [#j1fb7a5c]
//まもなく発表申込を受付開始いたします。もうしばらくお待ち下さい。
//''&color(red){申込〆切から原稿〆切まで1週間しかありませんのでご注意下さい};''
//
発表申し込みの受付を終了いたしました。

//論文投稿の受付を終了いたしました。

//現在,168回研究発表会(CE168)の発表申込を受付中です。
//(申込締切を8月11日から延長しました。)

//発表をご希望の方は,[[申込に関する詳細>研究発表会]]をご確認の上,[[投稿システムより発表申込を行ってください.:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/]]

//&color(red){発表申し込みが多数};の場合先着順とし,申込受付を早期終了する場合がございますので,発表をお考えの方はお早めにお申し込みください。

//[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]]での発表を希望する場合は、&br;
//論文投稿の受付を終了いたしました。発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(blue){学生セッション希望};」''と記入して下さい。

//[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]]での発表を希望する場合は、&br;
//発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(blue){研究論文セッション希望(論文orショートペーパー)};」''と&br;
//()内に「査読付論文」または「ショートペーパー」のどちらでの助言を希望するのかを明記してください。

//また、会場での発表と,オンライン発表を併用したハイフレックス運営を予定しています。&br;
//現時点での予定でかまいませんので,&br;
//発表申込フォームの''研究会への連絡事項''欄に''「&color(red){会場発表};」''か''「&color(red){オンライン発表};」''かを記入して下さい。&br;
//(感染状況によっては全面オンライン発表になることも考えられます)

**研究報告 [#ea7f121d]
- TBA
//- 研究会に参加登録された方は[[こちら:http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/CE/CE167.html]]から一括ダウンロードできます
//-- ID,パスワードは「第167回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
//-- こちらは研究会終了後一週間程度でアクセスできなくなります.
//- CE研究会登録会員の方は,各研究報告を[[こちらから:https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_opensearch&index_id=11077&count=20&order=7&pn=1]]ダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.
//- TBA
- 研究会に参加登録された方は[[こちら:http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/CE/CE168.html]]から一括ダウンロードできます
-- ID,パスワードは参加登録時に送信されております&br;
「第168回コンピュータと教育研究発表会 参加申込受信・会議URLのご連絡」のメールをご参照ください.
-- こちらは研究会終了後一週間程度でアクセスできなくなります.
- CE研究会登録会員の方は,各研究報告を[[こちらから:https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_opensearch&index_id=11192&count=20&order=7&pn=1]]ダウンロードできます.電子図書館にログインしてご利用ください.
//
//
**当日ツイート ・ディスカッション [#d0de2915]
-ハッシュタグ... [[#ipsjce:https://twitter.com/#!/search/realtime/%23ipsjce]] 
//-[[Twitterつぶやきまとめ(ハッシュタグ:#ipsjce):http://togetter.com/li/1056055]]
-CE研関係のお知らせは [[@ipsjce:https://twitter.com/ipsjce]]でも適宜ツイートしてます.

//- 発表中の質問や議論に sli.do を利用します.
//-- 研究会開催中,リンクをこちらに示します.
//-- sli.do へのリンク提示終了しました.
//[[こちら:https://app.sli.do/event/dQXU1HABag8cVbi1k4uWYb/live/questions]].

** プログラム [#r79e5200]
//- TBA
- [番号]* はオンライン発表の予定です。

1日目 2月11日(土)

:10:40-10:45 オープニング|

:10:45-12:00 学生セッション(1)|座長:渡邉 景子 (東京女子体育大学)

::[1]* 穴埋め問題式コンセプトマップを用いた動画視聴型eラーニングシステムの開発|長谷川 拓海 (長岡技術科学大学),羽山 徹彩 (長岡技術科学大学)
::[2]* ゲーミフィケーションを用いた教育効果の有効性の検証|松前 孝史 (近畿大学),松本 慎平 (広島工業大学),山岸 秀一 (広島工業大学),加島 智子 (近畿大学)
::[3]* 高等学校情報科「情報I」の検定済教科書における情報セキュリティの取扱いに関する分析|守山 凜 (米子工業高等専門学校),川戸 聡也 (米子工業高等専門学校)

:12:00-13:00 昼休憩|

:13:00-14:15 学生セッション(2)|座長:天野由貴 (東京工業大学)

::[4] データベースのトランザクション同時実行を体感できる学習環境の運用評価|松本 圭太郎 (茨城大学大学院理工学研究科),岡田 信一郎 (茨城大学工学部)
::[5] 達成目標理論に基づく学習者向けダッシュボードの個別最適化の検討|松本 知佳 (上智大学大学院 理工学研究科),田村 恭久 (上智大学 理工学部)
::[6] 学習間隔に応じた得点計算法の改良 -不正解後の再解答に対する得点付与の検討とその検証-|井桁 樂 (茨城大学大学院理工学研究科),岡田 信一郎 (茨城大学工学部)

:14:15-14:30 休憩|

:14:30-16:00 一般発表セッション(1)|座長:大西 建輔(東海大学)

::[7] 作業時間を用いたプログラミング学習者のつまずき検出手法の検討|長島 和平 (東京農工大学),久保 龍斗 (東京農工大学),並木 美太郎 (東京農工大学),長 慎也 (明星大学),兼宗 進 (大阪電気通信大学)
::[8] 親指サイズのマイクロコンピュータを用いた中学校理科「音の性質」単元向けハンズオン教材の提案|豊嶋 宏太 (信州大学大学院),香山 瑞恵 (信州大学),舘 伸幸 (信州大学/マイクロエデュケーション),永井 孝 (ものつくり大学),足助 武彦 (伊那市立東部中学校)
::[9]* グラフィカルなカスタム・コンポーネントを用いたHTMLによる記号と図の関連づけ|佐藤 信 (岩手大学)

:16:00-16:15 休憩|

:16:15-17:45 一般発表セッション(2)|座長:中園 長新(麗澤大学)

::[10]* 有料コンテンツの講義内での活用とオンデマンド受講への対応|小川 健 (専修大学・経済学部・国際経済学科)
::[11] 香川大学の数理・データサイエンス・AI教育(リテラシーレベル)に関する分析及び検討|藤澤 修平 (香川大学),林 敏浩 (香川大学),内山 祐樹 (株式会社ベネッセコーポレーション)
::[12] 大学でのデータサイエンス教育における「情報機彁温楊簑蟷藩僂了遒|越智 徹 (大阪工業大学)

:17:45-17:50 1日目 クロージング|

2日目 2月12日(日)

:9:55-10:00 2日目オープニング|

:10:00-11:40 学生セッション(3)|座長:三浦 元喜(千葉工業大学)

::[13] プログラミング演習科目におけるエディタとターミナルの使用を支援するエディタ拡張機能の開発|藤谷 幸輝 (拓殖大学工学部),植野 俊治 (拓殖大学工学部),西田 誠幸 (拓殖大学工学部)
::[14] LEDCubuを用いた空間図形認識教材の開発と実践|渡邊 尊斗 (帝京大学教育学部),加藤木 一明 ((有)ケイ・ピー・ディ),福島 健介 (帝京大学)
::[15] 忘れ物が多い児童を支援する音声を用いたリマインダーシステムの提案|木村 航大 (東京学芸大学),加藤 直樹 (東京学芸大学)
::[16] 獨協大学の学生を対象としてコミュニケーションツール「d-salon」の開発|吉水 七絵 (獨協大学),白木 宏輔 (獨協大学),阿部 圭杜 (獨協大学),柴崎 伊桜里 (獨協大学),鴨田 葉月 (獨協大学),大塚 正稀 (獨協大学),宮崎 海希 (獨協大学),新井 陸 (獨協大学),堀江 郁美 (獨協大学)

:11:40-13:10 昼休憩|

:13:10-14:55 研究論文セッション|座長:越智 徹 (大阪工業大学)

::[17] デジタル教材の制作における情報通信技術を活用したアクティブラーニング|村中 洋子 (東京音楽大学),宇澤 とも子 (東京音楽大学)
::[18] 学習分析のためのクラスターヒートマップの生成と取り組みの可視化|土橋 喜 (愛知大学)
::[19] 情報科教員の採用において求められる知識・技能:教員採用試験の分析を通して|中園 長新 (麗澤大学)

:14:55-15:10 昼休憩|

:15:10-16:40 一般発表セッション(3)|座長:林 浩一 (武蔵野大学)

::[20] 統計的探究プロセスがグローバルシチズンシップ教育に与える影響 - SDGs探究における課題設定課題設定に課題設定に焦点を当てて -|山名 和樹 (聖徳学園中学・高等学校),ドゥラゴ 英理花 (聖徳学園中学・高等学校)
::[21] ブロック部品を用いたプログラミング試験について|田辺 良則 (鶴見大学),萩谷 昌己 (東京大学)
::[22] 表計算ソフトを用いた機械学習教材に関する一検討|前田 篤彦 (神奈川工科大学)

:16:40-16:50 クロージング|

**発表時間 [#db86647a]

-一般発表セッション(30分)
--発表 20分
--質疑応答 10分
-[[学生セッション>研究発表会#kd59f514]](25分)
--発表 15分
--質疑応答 10分
-[[研究論文セッション>研究発表会#b19d2e12]](35分)
--発表 20分
--助言者コメント紹介 5分
--質疑応答 10分

**お問い合せ先 [#sc804ef9]
- 研究会担当幹事:林浩一(武蔵野大学), 渡邉景子(東京女子体育大学)
-- ceken.info[at]gmail.com へ( [at] は @ に変更して)メールにてご連絡ください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS